こども

頭のいい子を育てる「しぜんとかがくのはっけん!366」がおすすめな理由


コロナウイルスで、なかなか外出できないときにおすすめなのが、おうちで楽しめる科学の絵本。

今日は、そんな科学絵本の中でも、主婦の友社から出ている頭のいい子を育てる「しぜんとかがくのはっけん!366」を紹介したいと思います!

この記事におすすめの方

  • 家で楽しめることを探してる方
  • 科学の好奇心を広げたい方
  • 子どもに自然に興味を持ってもらいたい
  • 子どもと楽しめる絵本を探してる



毎日の生活の中で、自然や科学への興味を自然と引き出せることができる、本当にオススメの絵本!

しぜんとかがくのはっけん!366

しぜんとかがくのはっけん!366ってどんな本?

この本は、体、植物、生き物、物の仕組み、実験遊び、地球、食べ物など、全部で14のジャンルにわたって、様々な項目が、大きな写真で子供にもわかりやすく紹介されています。

実際のジャンルはこんな感じ

からだ、しょくぶつ、とり、りょうせい・はちゅうるい、うちゅう、もの・しくみ、じっけん・あそび、どうぶつ、むし、さかな、きょうりゅう、ちきゅう、たべもの、かがくのよみもの

まつこ
まつこ
科学の読み物は文字が多めのものもあり、小学生〜中学生になっても楽しめそう^ ^

1月~12月まで、366日分、1日1ページずつオールカラーで楽しめる自然科学の絵本です。

大きな写真で説明もわかりやすい!

本の中身はこんな感じ!

大きなキャッチと、短めのリード文、大きな写真やイラストが載っています。

写真は、細かな部分まで写し込まれている迫力のある写真だったり、しっかり対象をとらえたリアルなイラストなので、子供にもわかりやすく、親の私も説明がしやすいです。

文章もそんなに長くなく、説明文も簡潔なので、4歳の長男でもじっくり聞き入って本に夢中になってます。

写真を見てるだけでもワクワク♪

季節ごとに身近な発見がたくさん!おすすめポイント

しぜんとかがくの発見の本でおすすめのところは、なんといっても季節ごとに分かれているのと、身近な出来事も取り上げてくれてるところ。

季節に合わせて楽しめる

絵本は1日1ページごとにテーマがあるのですが、

たとえば、4月だったら、タンポポが花から綿毛になる様子や、押し花を作ってみよう!の特集があります。

夏なら、天の川や、海、磯の生き物、冬なら雪や冬の星座、お正月に食べる七草のことなど。

なんとなく、その日のページを見るだけで、その時の季節にあった遊びや実験、自然のことなどが見つけられるところがおすすめです。

写真が大きくて大迫力

1つの項目に、大きな写真で、わかりやすく説明されているので、ページをパラパラめくっているだけでも、写真から興味を引いて読みやすい構成になっています。

毎日、その日のページを読み聞かせなくても、なんとなくページをめくって、面白そうな遊びがあったらやってみることができます。

まつこ
まつこ
我が家では、昆虫探しや、オタマジャクシを育てたり、押し花、野菜の水差しなどを実際に子供と一緒にやりました。

毎日の成長を子供と一緒に楽しんでます。

実体験と本の中の世界を行き来できる!

実体験と、本の中の世界が行き来できる体験を手軽にできるので、本を読むだけの知識よりも深い学び・経験が得られるんじゃないかなと思います。

まつこ
まつこ
小さなころから、自然科学への好奇心を広げられます^ ^

本を見て、興味の持ったことを実際にやることもあれば、疑問に思ったことをこの本で調べて理解を深めると言う使い方もしています。

親子で一緒に発見を楽しむことで、子供の理系アタマを育てて、科学的な考え方や見方をグンと広げられますよ!

毎日、普通に生活していると、大人の私たちでは見過ごしてしまうことも、子供にとっては発見の連続。

この本の中には、自然科学の遊びのヒントがたくさん詰まっているので、

何かないかな~、暇だな~というときに、パラパラとしぜんとかがくのはっけん!366を開くだけで、新しいワクワクする気持ちがどんどん芽生えてきます。

今はなかなか外に出られないけど、おうちの中にも遊び•ワクワクを広げられるものはいっぱい!

まつこ
まつこ
ぜひ、しぜんとかがくのはっけん!366を使って、毎日を楽しくワクワクするものにしてください^^

親子の楽しいおうち時間を作れますよ~~!

しぜんとかがくの発見!366

3歳&1歳の時短アラサーママ
まつこ
子供のことが第一優先! だけど、2人目の育休から復帰して、思うように築けないキャリアに悩み、もっと自分らしく一度きりの人生を楽しみたい!とブログを開設。 2人目育児のあれこれを記事にしていきます。
\ Follow me /
関連記事