お金

残高をみるだけで1000万円溜まる!簡単貯蓄法

今月こそは貯金しようと思っても、なかなか貯金がたまらない。

子どもの学費や、老後のお金を貯めようと思ってもなかなか貯めれずに不安。そんな風に思うことはありませんか??

  • 手元にお金があるとついつい使ってしまう
  • ポイントやおまけにつられて余計なものを買ってしまう
  • 節約しているのに、大きなお金をドーンと使ってしまう

そんな方には、貯まる仕組みが必要!

3つの口座を作るだけで、ストレスなく簡単に貯金が実現できてしまいます。

貯まる仕組みを作る

  • 1:手元のお金を少なくする
  • 2:お金の出入りをチェック
  • 3:投資が嫌ならやらない

お金を貯めなきゃとわかっていても、ついつい無駄遣いしてしまう・・。

まつこ
まつこ
人間には、「将来の価値を低く見積もる」という性質があります。

遠い将来、何に使うかわからないお金を残すより、今の快楽のために使ってしまいがちなのです。

その場の感情に流されて、合理的な判断が出来なくなってしまうのが人間。

そんな私たちが、お金を貯めていくには、無理に努力をしなくても簡単に自然に貯まっていく「仕組み」を作るしかありません。

先取り貯蓄のポイント

  • 1:先取り貯蓄をする
  • 2:家計簿で支出をチェックする
  • 3:無駄な出費について振り返る

お金を増やすためには、投資も有効ですが、知識がないと売り手のカモになってしまい、思うように利益を上げられないこともあります。

また、元本が割れてしまう恐れもあり、あまり投資に興味がないという方であれば、無理に投資をスタートさせる必要はありません。

貯まる仕組みさえ整えれば、貯蓄1000万円に手が届く

まつこ
まつこ
手取りが現在20万円以下の私でも出来た方法なので、誰でも貯金が簡単にできます。

大切なのは、給料が振り込まれる口座にたくさんのお金を置いておかないこと。

3つの口座を活用したら誰でも簡単に「貯まる仕組み」が作れます。

作る口座はこの3つだけ!

使う口座生活費として使う最小限のお金を入れる
貯める口座毎月決まった金額をこの口座に入れる
増やす口座貯める口座にある程度金額が溜まったら増やす口座に入れる

1:使う口座について

使う口座とは、毎月1か月の生活費として使うお金を入れておく口座です。

まず、給与が振り込まれたら今月使う予算をこの口座に入れます。

入金しておく金額の目安は、月収の1.5倍までです。

どこに開く
銀行の普通預金口座
口座に置く金額の目安
最大月収の1.5倍まで
月収20万円だったら、30万円まで。
月収30万円だったら、45万円まで。
残高確認
月1回家計簿やアプリで確認

お金を貯めていくには、毎月の収入の範囲で生活をするのが基本です。

ボーナスで足りなくなった分を補填するようでは、貯金を貯めることはできません。

人間は、自分の持ち物を高く評価したがる傾向があります。

支出や口座残高を見る事でお金に対する愛着が湧き、ますます貯めたくなっていくという好循環が生まれます。

2:先取り貯蓄をする口座について

この口座には、給与が振り込まれたら、毎月決まった金額をこの口座に入金し、先取り貯蓄をする口座です。

どうして先取り貯蓄がいいのかというと、お金を使う前に資産としてお金を取り分けることになるため、自然に貯まっていく仕組みができるからです。

どこに開く
財形貯蓄、社内預金、自動積立定期預金など
毎月の天引き額の目安
一人暮らし(月収の1~2割)
実家暮らし(月収の3~5割)

行動経済学によると、人間は天引きでお金が無くなると、給与として入ってくるお金とは別勘定と考える傾向があります。

「使っていいお金」ではなく、天引きされたお金は「資産」ととらえることが出来るので、資産を取り崩すことに抵抗感が生まれます。

そのため、先取り貯金をすることで、自然と貯金ができるのです。

3:増やす口座について

この口座は、2の「貯める口座」にある程度資金が溜まったらお金を移動させるための口座です。

この口座は、2の貯める口座とは違い、増やすことを第一に考えた口座です。

そのため、普通口座よりは金利のいい定期預金の口座を1つ持っておきましょう。

金利の高い金融機関は、いろいろありますが、インターネットバンキングなどがおススメです。

どこに開く
金利のいい定期預金口座
何円単位で移す?
10万円単位で移す

貯まらない原因の一つに、「自分へのご褒美」という心理が一つ考えられます。

  • 今日は頑張ったからビール飲もう
  • 今日は疲れたからタクシーに乗ろう
  • 先月のご褒美にバッグを買おう

そんな風に、普通預金(生活費の口座)に預けっぱなしだと、ご褒美と称してすぐにお金を使ってしまいます。


まつこ
まつこ
特にボーナスはすぐに定期預金に移すことが肝心です。

定期預金なら一定期間は簡単に引き出すことが出来ないので、余計な出費を防げます。

「使う」と「貯める」、目的別に口座を分ける

「貯まる仕組み」はどうやって作るのか??

それは、生活費の口座にたくさんのお金を置かないことです。

生活費の口座では、毎月の食費をそこから出したり、クレジットカードや光熱費などの支払いもそこに一局集中させます。

生活費の口座に多額のお金を置きっぱなしにしていると、生活費と一緒に貯金するはずのお金を引き出して無駄なお金を使いこんでしまう恐れがあります。

そんな無駄遣いを減らすために、まず始めたいのが給与から毎月一定額を強制的に貯めていく「先取り貯蓄」。

そして毎月の支出をチェックする「残高確認」。

まつこ
まつこ
もし、今度こそ1000万円の貯金を実現したい方におススメです。

3歳&1歳の時短アラサーママ
まつこ
子供のことが第一優先! だけど、2人目の育休から復帰して、思うように築けないキャリアに悩み、もっと自分らしく一度きりの人生を楽しみたい!とブログを開設。 2人目育児のあれこれを記事にしていきます。
\ Follow me /
関連記事