ワーママ

西松屋をもっと安く!お得に利用する方法

すぐに汚してサイズアウトしてしまう子供服。

まつこ
まつこ
毎シーズンごとに買い足さなければいけない子供服、できるだけ安く抑えたい!

ベビー服から、オムツ、お尻拭き、ベビーフード、ミルク、おもちゃ、靴•••となんでも揃う西松屋。

通常の価格でも、安さが売りの西松屋ですが、西松屋の商品を、さらに安く買うにはこんな方法があります。

株主優待を利用する

西松屋では、100株で、千円相当のお買い物優待カードが年2回もらえます。

3年以上、株を保有していると、更にプラスαで優待カードが貰えます。

株主優待で、お得に西松屋を利用することができます。

1年目からもらえる株主優待

西松屋で使える、お買い物優待カード(2月と8月の年2回貰えます。)


 ・100株 … 1,000円相当
 ・500株 … 3,000円相当
 ・1,000株 … 5,000円相当

3年以上の継続保有で貰える株主優待

3年以上、西松屋の株を持っていると、西松屋で使えるお買い物優待カードを追加でもらえます。(2月のみ)


 ・100株 … 500円相当
 ・500株 … 1,000円相当
 ・1,000株 … 3,000円相当
 ・3,000株 … 4,000円相当
 ・5,000株 … 5,000円相当

※株主優待カードは、通販サイトでは利用できません。
※有効期限は6ヶ月間となります。

株で資産運用をしながら、お得に買い物を楽しめます。

クレジットカード払いでポイントの還元

西松屋では特定のポイントサービスなどは導入していません。

手っ取り早く、お得に西松屋を利用するなら、現金ではなくクレジットカード払いにするのがおすすめです。

使っているクレジットカードの種類にもよりますが、我が家で利用しているKyash(キャッシュ)では、決済額ごとに2パーセントの還元を受けられます。

まつこ
まつこ
オムツや、シーズンごとの洋服など、まとめ買いすると結構な金額になりますよね。

そんな時、クレジットカードの還元は本当にありがたいです。

オンラインショップのクーポンを利用

西松屋は、Wowma!に公式ショップを出店しています。

西松屋公式オンラインショップ

Wowma!の西松屋オンラインショップでは、クーポンやセールなどを開催していることが多く、実店舗よりお得にお買い物ができます。

  • 1,000店舗感謝祭で千円オフ
  • auユーザーなら、500円オフ
  • 大感謝際セールでTシャツ半額
  • (2019/5/1時点)

この時も、いろんな特集が西松屋の公式オンラインショップで開催されていました。

  • 子供が小さくてなかなか買い物に行けない
  • 子連れだとゆっくり商品を見れない
  • 西松屋が近くにない

そんな時でも、オンラインショップなら、自宅で手軽にお買い物ができちゃいます。

楽天ショップでポイントを狙う

西松屋は、公式サイト以外にも、楽天ショップにも出店しています。

西松屋の楽天ショップ

楽天ショップの西松屋なら、楽天ポイントを貯めながら、西松屋のお買い物を楽しめます。

楽天お買い物マラソンや、楽天スーパーセールなど、楽天カードと併用したら、楽天ポイントを効率よく貯めていくことができるのでオススメです。

公式アプリを使う

西松屋は、Wowma!のオンラインショップ、楽天ショップ以外にも、公式アプリがリリースされています。

西松屋の公式アプリ

西松屋の公式アプリでも、オンラインショップでは開催されていない、オリジナルの特集が開催されているので、買い物前には要チェック!

公式アプリだけのお買い得商品を見つけられます。

西松屋でお得に買い物!固定費を削減

毎月固定費として必ずかかってくる、オムツ代や、ミルク、レトルトの離乳食やシーズンごとに買い足す子供服。

そんな固定費を、西松屋を賢く利用することで、支出を抑えることが可能です。

子供が小さいと、毎日の家事•育児に追われて、節約のことがついつい後回しになってしまいますが、少し気を回すだけで、年間数万円も固定費を削減できます。

外食の我慢や、安い食材を使って食費を減らすのとは違い、ストレスなくお金を浮かすことができます。

まつこ
まつこ
ぜひ西松屋でお買い物するときは試してみてください。

子供服を安く手に入れる5つのポイント 子供が生まれると、毎シーズン新しい子供服が必要になってくる! 赤ちゃん時代は、両親や兄弟、親戚など、出産のお祝いでいただいた洋服...
3歳&1歳の時短アラサーママ
まつこ
子供のことが第一優先! だけど、2人目の育休から復帰して、思うように築けないキャリアに悩み、もっと自分らしく一度きりの人生を楽しみたい!とブログを開設。 2人目育児のあれこれを記事にしていきます。
\ Follow me /
関連記事