こども

グリム社のアーチレインボーがすごい!遊び方が多彩で子どもの想像力を刺激してくれる

GRIMM’S(グリム社)のアーチレインボー を知っていますか??

グリム社のおもちゃは、見た人がはっとするほど美しい色彩が特徴。

自然の素材を生かし、シンプルなデザインで、0歳から大人まで、何歳でも繰り返し遊べます。

GRIMM’S(グリム社)の理念は、自然と共存し、子どもたちの感覚体験をより豊かにするということ。

子どもたちが、自分自身の想像力を働かせることができるよう、こだわりを持って製造されてます。

まつこ
まつこ
中でも、GRIMM’S(グリム社)のアーチレインボー は遊び方が多彩で、長い間子どもが楽しめるおもちゃ。

この記事では、アーチレインボー の魅力や、我が家での遊び方をご紹介いたします!

アーチレインボー とは?

虹色トンネル」の名前でも販売されており、色、サイズはこのような展開になってます。

虹色トンネル 特大

素材:シナノキ
サイズ:高さ18×幅38×奥行7cm


虹色トンネル 大

素材:シナノキ
サイズ:高さ9×幅17×奥行6.5cm

虹色トンネル 小

素材:シナノキ
サイズ:高さ5.5×幅10.5×奥行4cm

※販売しているサイトによっては、名称が異なってる場合があるようです。
購入の際は、サイズをしっかり確認することをお勧めします。

GRIMM’S(グリム社)のアーチレインボー 特大

パステルカラーもあります

GRIMM’S(グリム社)のアーチレインボーの魅力

アーチレインボー の魅力は色々あります。

  • 散らかっていても気にならない
  • 軽くて1歳の子でも持てる
  • 自然に色彩感覚を養える
  • どんな遊びにも応用できる

1つずつ、GRIMM’S社の魅力を紹介していきたいと思います。

散らかっていても気にならない

プラスチックのおもちゃは、色も濃く、散らかっていると心がざわつきますが、グリム社のアーチレインボー は、自然の木の素材。

多少散らかっていても、インテリアに馴染むので、イライラしない!

プラスチックのおもちゃに比べると、色もごちゃごちゃしていないせいか、あまり気になりません。

むしろ、すぐ手に取れることで、遊んでみようかな?と子どもが思うようです。我が家ではいろんな遊びに登場します。

軽くて1歳の子でも持てる

うちにあるアーチレインボーは、虹色トンネル特大サイズ(高さ18×幅38×奥行7cm)。

購入前は、横幅が40センチ近くあるなんて、大きすぎて邪魔になるかな?重たいかな?と心配していましたが、

まつこ
まつこ
特大サイズを購入して正解でした。

1歳の娘でも、大きな赤色のアーチを持って、どんどん上に積み上げていくことができます。

GRIMM’S(グリム社)のアーチレインボーは、自然の素材を活かしているので、滑らかではありますが、木の摩擦で、ずれずに積んでいけます。

1歳の子どもが、適当に積んだだけでもこんな感じに積むことができました。

自然に色彩感覚を養える

グリム社のアーチレインボーは、シュタイナーの思想に基づき、円の内側から外側まで、自然な虹色になってます。

また、大きさも色別で並んでいるので、子どもが自然と遊んでいるうちに、色彩感覚を養えます。

高く積み上げたり、床に並べたり、積み木同士を叩いて鳴らして音を楽しんだり、雨で外に出られない日にはもってこいのおもちゃです。

いろんな遊びに応用できる

グリム社のアーチレインボーは、シンプルなおもちゃだからこそ、いろんな遊びに応用できる万能なおもちゃです。

一部になりますが、我が家での遊び方を紹介します。

GRIMM’S(グリム社)アーチレインボー の遊び方

積んで遊ぶ

積み方は自由自在。一段ずつ上に高く積み上げてもいいし、バランスをとりながらランダムに積み上げても楽しいです。

色が美しいので、積み方1つでいろんな表情を楽しめます。

トンネルにして遊ぶ

長男が2歳の頃に大ハマりしたトーマス。

木製レールと合わせて、トンネルにして遊ぶこともよくありました。

玉転がしの遊びとして

たくさんのアーチレインボー を並べて、ボール転がし。

オレンジと緑のトンネルを通れるかな?
赤のトンネルを通れるかな?

兄妹でも、ボール転がしをして競争したり、盛り上がる遊び方もアーチレインボーでは実現できます。

玉転がしの道として

写真で見ると簡単に見えますが、うまくボールが次のレールに転がっていかなかったり、角度を調整したりとなかなか難しい玉転がし。

半円盤レインボーを使うと、より遊びの幅が広がります。

色分け遊び

虹色トンネル特大だと、12色のアーチがあるので、他のおもちゃなどと組み合わせて色分け遊びが楽しめます。

オレンジの中でもいろんなオレンジがあること、おもちゃによっては、どのグループに分けるのがいいのか、子どもなりに考えて、色彩感覚や、色を見る力を育めます。

ゆらゆら揺らす

アーチを逆さにおくと、アーチレインボー がゆらゆら揺れるのが楽しめます。

子どもが座って、ゆらゆら横揺れを楽しんだり、カタツムリを作って、ゆらゆら揺らしながら、「でんでんむしむし」の歌を楽しんだりしています。

童謡の好きな娘は、機嫌が悪くて泣いていても、でんでんむししよう〜と誘うとピタリと泣き止んで遊び始めます。

変身ごっこ

お腹につけて変身ベルトにしたり、頭に乗せて、ツノや兜に見立てたり、

肩に乗せて、戦隊モノのヒーローの真似をしたり、目に当てていないいないばあを楽しんだり、積み木遊び以外にも、いろんな遊び方をしています。

輪ゴムを組み合わせて、鉄砲を作って遊ぶこともありました。

想像力で広がるアーチレインボーの遊び方

工夫次第でいろんな遊びに応用できるアーチレインボー 。

グリム社のおもちゃは、在庫切れのとこも多いので、気になったら早めのご予約•ご購入をお勧めします。

虹色トンネル特大(アーチレインボー)と相性のいいグリム社のおもちゃはこちらです。

グリム社アーチレインボー 半円盤

アーチレインボー 特大と同じカラー、サイズなので、玉転がしをしたり、おうちにしたり大活躍。

カラーボール

木のボールは、物によっては重たすぎて、せっかく作った積み木のレールが壊れてしまうことも。

グリム社のカラーボールなら、軽くてアーチレインボーの相性ともぴったりです。

グリム社のおもちゃは、現在日本ではどこも在庫切れのとこばかり。購入を検討している方は、お早めの予約をお勧めします。

ぜひ、組み合わせて遊んでください!

3歳&1歳の時短アラサーママ
まつこ
子供のことが第一優先! だけど、2人目の育休から復帰して、思うように築けないキャリアに悩み、もっと自分らしく一度きりの人生を楽しみたい!とブログを開設。 2人目育児のあれこれを記事にしていきます。
\ Follow me /
関連記事