こども

モンテッソーリの教具は、家庭であるもので代用しよう!避けるべき道具のポイント

モンテッソーリで教育では道具については本物を使うことを推奨しています!

モンテッソーリは、幼児期を、何でも大人の真似をしたがる「模倣の時期」だと言っています。

模倣をして学ぶモンテッソーリ教育

掃除アイロンがけなど、お母さんがしている仕事を見て、子どもが「私もやりたい!」とせがむことありませんか?

もしかしたら、お母さんにとっては、面倒な家事の1つかもしれませんが、

子供にとっては面白そうな「道具」を使った、楽しそうな活動に見えるのです。

色んなことを模倣しながら、子どもは様々なことを学んでいきます。

家庭で代用する!モンテッソーリの道具の選び方

ポイント1:子どもサイズを選ぶ

モンテッソーリ教育では、教具は、「子供サイズ」を基本としています。

ですが、家庭で取り入れる場合は、子供が使えないほどの「大きさ」や、「重さ」でなければ、家にあるものでいいと思います

ポイント2:本物を選ぶ

子どものサイズが基本となりますが、実際にお母さんが使っている、本物を選ぶことが大切です。

実際にお母さんが使っているもの

  • おたま
  • 箒、チリトリ
  • アイロン
  • 洗濯バサミ

おもちゃではなく、本当にキッチンで使っているおたまや、実際に使っている箒やちりとりなら、おままごとやごっこ遊びではなく、実体験ができるわけです。

まつこ
まつこ
この実体験がとても大きな意味を持つ!

例えば、自動車の免許を取る時、教習所内の道路ではなく、必ず実際の道路を走りますよね!

頭でわかっていても、実際に体験すると、全く感覚が違うと言うことが多いのです。

人がやっていると、簡単そうに見えても、いざ自分がやってみると、すごく難しかったということもあります。

子供にとって本物の道具は、おもちゃと違って、実際のものは大きいし重いもの。

お母さんが、簡単そうにやっていることが、実はすごく大変で、難しいことだと知ることになります。

難しいから練習が必要だということも、子どもながらに理解できるようになります。

道具選びのコツ

ただ、何でもかんでも子供に与えればいいというわけではありません。

まず、なんといっても安全なもの!

特に、何でも口に入れてしまう1歳半位までは要注意です。

幼児期は、おもちゃを振り回したり、投げたりすることもあるので注意しましょう。

避けるべき道具

  • 口に入れると喉に詰まらせる恐れのあるもの
  • 先の尖ったもの、鋭いもの
  • ライターやマッチなど火を使うもの
  • 重すぎて足の上に落とすと怪我をするもの
  • 両手で持ちにくい大きさや形のもの
  • 薄いガラスなど割れやすい物
  • 繊細で壊れやすいもの
  • 油など、こぼすと困る液体の入った瓶や入れ物

子どもの扱い方によって、怪我をしたり、そもそも子どもが扱いにくいものは、道具として避けましょう。

おススメの道具はこれ!

ピッチャー:iwaki ガラス製 ポット

こんなところがおすすめ

  1. ガラス製なので、中身がどのくらいか子どもにわかりやすい
  2. こどもの手に持ちやすいサイズ
  3. 高さが低いので子どもが倒さない

トレー:パール金属 木製トレー

こんなところがおすすめ

  1. 取っ手がついてるので持ちやすい
  2. 木製でインテリアに馴染む
  3. サイズが子どもにも扱いやすい

箒:亀の子 手編み箒

こんなところがおすすめ

  1. 手持ちサイズで扱いやすい
  2. 壁にかけていてもシンプル
  3. インテリアを邪魔しない
  4. 次第に手に馴染むところ

チリトリ:レデッカー ダストパン

こんなところがおすすめ

  1. レデッカーのおしゃれさがインテリアを邪魔しない
  2. 壁掛けできるサイズ
  3. 子どもも扱いやすい

モンテッソーリ教育とは?家庭で取り入れるポイント モンテッソーリ教育とは、シュタイナー教育に並んで世界中で支持されている子育て手法。 幼稚園や保育園などで取り入れられてることもあ...
0〜6歳だけが持つ不思議な力[モンテッソーリの敏感期] モンテッソーリ教育では、0〜6歳の時期を「敏感期」と呼びます。 子どもの「敏感期」を見逃さずに、成長に沿って発達をサポートしてあげる...
3歳&1歳の時短アラサーママ
まつこ
子供のことが第一優先! だけど、2人目の育休から復帰して、思うように築けないキャリアに悩み、もっと自分らしく一度きりの人生を楽しみたい!とブログを開設。 2人目育児のあれこれを記事にしていきます。
\ Follow me /
関連記事