こども

新はじめてなぞぺーがおすすめ!幼児期から考える力をつける方法

ちまたで話題の、子どもの考える力をつけられる、考えることが好きになるという

「はなまる学習会」から出ているなぞぺーシリーズを導入してみたので、

まつこ
まつこ
書籍の魅力や、我が家での取り組み方など、紹介したいと思います。

新はじめてなぞぺー

なぞぺーシリーズにはいろんな問題集がありますが、

まつこ
まつこ
はじめて取り組むなら、新はじめてなぞぺーがおすすめ!

なぞぺーが魅力的なところ

  • 子どもの考える力をつけられる
  • 楽しみながら思考力をつけられる
  • 口コミがいい
  • 数学オリンピックの問題や、キッズBEEはまだできないけど、幼稚園の時にも数学的なものを取り入れられる
  • 問題がバランスいい

我が家は将来、数学オリンピックなどに挑戦したいと思っているのですが、まだ難しい問題を解くことはできません。

でも、なるべく小さなうちに、自分で問題を考えるというクセをつけさせたく

何かいい問題集ないかな?と思ったのがきっかけです。

子どもの思考力を鍛えるのに、なぞぺーはほんとおすすめです!

この記事がおすすめの方

  • なぞぺーシリーズ、どれを買えばいいのか迷ってる人
  • 数学オリンピックに興味はあるけど子どもがまだ幼稚園児
  • 未就学児から考える力を身に付けたいと思ってる方

そもそもなぞぺーって何?って方にちょっとなぞぺーについて紹介したいと思います。

なぞぺーとは?

なぞぺーとは、なぞなぞペーパーの意味で、なぞなぞのように楽しみながらできる算数パズル。

はなまる学習会で長年培われてきた問題の傑作選です。問題を解いていくたびに、算数の力がついてきて、算数が大好きになってきます。

著者の高濱正伸さんについて

東京大学大学院修士課程卒業。93年に、学習教室「花まる学習会」を設立。算数オリンピック委員会理事。

まつこ
まつこ
算数オリンピック 委員会の理事が作ってる本で信頼も抜群!

著者には、こんな本があります。

小3までに育てたい算数脳

なぞぺーシリーズには、「新はじめてなぞぺー」「空間なぞぺー」「整数なぞぺー」「迷路なぞぺー」「絵なぞぺー」など、いっぱい出ているのですが、

先述した通り、初めてやるとしたら、新はじめてなぞぺー 考える力がつく算数脳パズルがおすすめです。

まつこ
まつこ
対象年齢5歳〜の考える力がつく算数脳パズル なぞぺー①は、年少4歳半には難しすぎました..。

考える力がつく算数脳パズルなぞぺー①

対象年齢が5歳〜なので、ちょっと早いけどいいかな?と思いましたが、天秤やまだいろんな概念があやふやな4歳には早すぎました。

新はじめてなぞぺー

まつこ
まつこ
こちらの対象年齢は年中~小学校1年生となってます。

4歳半の年少の時に取り入れてみたのですが、最初のページの問題は楽々取り組めました。

こちらに収録されている問題は、迷路だったり、果物の数を数えるものだったり、問題文の中から、対象のイラストを見つけるものだったり、形合わせだったり

バランスよくいろんな問題が収録されています。

迷路付きの子には、考える力がつく算数脳パズル迷路なぞぺー入門編もありますよ!

迷路なぞぺー入門編

迷路なぞぺー入門編は、防犯カメラに映らないようにゴールするにはどんな道順か?とか、1番最短でつける道はどこか?とか、家に向かうまでの行き方は何パターンあるか?など、

迷路に関する問題がたくさん収録されてます。

対象年齢5歳〜小学3年生の迷路なぞぺー(入門編でないもの)は、難しくて、5歳になっても解けてる姿を想像できませんでした。。

まつこ
まつこ
↑すみません、息子の成長を見ての感想なので、できる子はできると思います!

迷路なぞぺー(入門編でないもの)

入門編よりも、道が長くなったり、条件も高度になるので手応えあります!

まつこ
まつこ
我が家は、迷路系は公文式にお世話になっているので、初めてなぞぺーの方から導入してみました。

最初は、入門編をすっ飛ばしたのですが、難しくて入門編を買い直しました。。

はじめてなぞぺーへの取り組み方

まだ毎日ドリルなどに取り組む習慣ができてないので、余裕がある時に開いて問題を出してみるという感じです。

その時解けなかった問題は、コピーや手描きで写してリビングの壁に貼っている時もあります。

常に見えるとこに貼ってあることで、ある時ふと閃いて問題に取り組みだすこともあれば、それをみて本を開くきっかけになることもあるので、結構おすすめです。

まつこ
まつこ
毎日コツコツできればいいのですが、まだ勉強として強制したくないので本人のペース任せです。

迷路ばかりやりたがって、ページを飛ばして迷路ばかりやることもあれば、1ページずつ取り組むこともあります;

将来的に必要な力とは

本書にも書かれているのですが、私がなぞぺーシリーズのファンになったのも、著者のこんな考えからです。

なぞぺーシリーズは、新しい算数パズルに触れることで、子どもたちに考える面白さを体験してもらい、考えることが好きになってもらうことを目的に作られています。

単純な計算問題の繰り返しでは身につかない、本物の考える力を身につけることを目標としています。

新はじめてなぞぺーより

もちろん、計算ドリルも大切ですが、将来必要になる力は計算のスピードよりも、問題に対して考える力「思考力」です。

何が問題なのかを感じて問題設定をし、論理的に考えて、失敗を教訓として活かす力をつけていくことが、子どもたちがこれから大きくなる時に大事な力だと思います。

特にこの思考力に対する臨界期は、小学校三年生くらいまでに伸ばせるかどうかで、その後に大きな違いがでるといいます。

ぜひ、おすすめのなぞぺーシリーズ、試してみてください^ ^

なぞぺーシリーズ

新はじめてなぞぺー

図形問題や、数量、迷路など、バランスよく問題が収録。はじめて取り組むならこの問題種です。

なぞぺー①

はじめてなぞぺーが終わったら取り組むのが◎。迷路や、図形、秤の重さなど、はじめてなぞぺーの次のステップとしての問題集です。

迷路なぞぺー入門編

迷路に特化した問題が収録されてます。防犯カメラに映らないような行き方をする、最短距離を導く、スタートからゴールまでの生き方のパターンを全て出すなど、迷路に特化しています。

迷路なぞぺー

迷路なぞぺー入門編の次のステップとしての問題集です。迷路の長さも長くなりますし、条件も複雑になるので高度な問題になります。

3歳&1歳の時短アラサーママ
まつこ
子供のことが第一優先! だけど、2人目の育休から復帰して、思うように築けないキャリアに悩み、もっと自分らしく一度きりの人生を楽しみたい!とブログを開設。 2人目育児のあれこれを記事にしていきます。
\ Follow me /
関連記事