こども

積み木の収納箱って必要?積み木の収納箱の選び方

積み木の基尺や、数、白木がおすすめなことなど、ご紹介しましたが、今回は積み木の収納箱について選び方をご紹介したいと思います!

  • 収納箱を用意する理由
  • 収納箱の選び方
  • 収納箱のサイズについて

今までの積み木に関する目次はこちら。

積み木を選ぶポイント

収納箱って必要?

積み木を揃え出すと、積み木を揃えることにお金がかかるので、積み木を収納する箱まで用意するべきか悩みますよね。

でも、私はこんな観点から積み木の収納箱は、ぜひ用意してもらいたいと思っています。

  • 積み木をきれいに保てる
  • 遊ぶときに積み木を取り出しやすい
  • 決まった箱の中に積み木を入れることも知育になる
  • 積み木遊びを広げられる

特に、収納箱がある積み木遊びは、積み木遊びの土台にしたり、おうちの屋根になったり、

大きさがある分、積み木遊びを大きくダイナミックなものにしてくれます。

まつこ
まつこ
最初は、積み木の収納箱にまでお金をかけるのなんて…と消極的でした。

今では、積み木のサイズや形に合わせて、収納しやすい「収納箱」をそれぞれ用意してあげたいと思っています。

積み木の収納箱の選び方

ドクスピールや、WAKU-BLOCKなど、積み木のセットに最初から収納箱が付いているものもあります。

そういったものは、積み木にぴったりあった箱がついてるので、最初から「木箱付きの積み木」を買うのも1つの選択肢になります。

  • お下がりで積み木をもらった
  • 中古でバラのものがある
  • 積み木を単体で注文した

そんな時は、それぞれの積み木にあった収納箱を用意しましょう!

大容量の積み木箱

大容量の積み木収納箱なら、一度にたくさんの積み木を片付けることができて便利!

こんな積み木収納におすすめ

同じ形の積み木を入れる

デメリット
  • 重たいので、子どもが持ち運べない

同じ形の積み木なら
2段になってもOK

大容量の積み木を収納できる、大きな木の箱は、一度にたくさんの積み木を収納できるのでとても便利です。

ですが、いろんな形を1つの箱に入れて収納すると、積み木遊びの最中に、使いたい積み木を探しづらいし、

下に入った積み木を取り出すのは大変です。

まつこ
まつこ
大容量の収納箱には、同じ積み木の形を入れるようにするのがおすすめです。

同じ形の積み木なら、2段になってしまっても上から使えば問題ないし、1度にたくさんの積み木を片付けることができます。

1段ずつの収納箱

1段ずつの収納箱は、

  • 子どもにも片付けしやすい
  • 形がバラバラでも探しやすい

そんなメリットがあります。

こんな積み木収納におすすめ

形がバラバラの積み木を収納する
子どもが持ち運べる

デメリット

  • 平置きすると場所を取る

三角や円柱、立方体など、いろんな形を収納するなら、一段で収納できる積み木のサイズに合った収納箱がおすすめです。

小さな大工さんの収納箱なら、積み木の基尺に合った収納箱が単品から注文できるので便利。

上に積み木が出ていて取り出しやすいタイプの収納箱

40mm基尺用収納箱 立方体が64個入る収納箱 40-F

小さな大工さん 積み木 45ミリ 立方体の積み木が64個ぴったり入る収納箱 45-F

収納箱 50ミリ基尺 立方体が36個入ります 50-M

積み木が収納箱から出ているので、積み木を取り出しやすく、子どもでもスムーズに積み木を出せるのがおすすめポイント。

収納箱と積み木のサイズがぴったりのもの

こんな風に、収納箱と積み木のサイズがぴったりのものも、小さな大工さんでは販売されてます。

収納箱と、中の積み木のサイズがぴったりなので、積み木も積みやすく、おすすめ!

40mm基尺用収納箱 40-K

1段ずつの収納箱なら、一度にどの形が何個入っているのか分かりやすく、子どもも使いたい積み木をすぐに見つけることができます。

収納箱で広がる遊び

収納箱があれば、今までの積み木遊びもぐーんとダイナミックな遊びにすることができます。

ボードゲームの枠として

kiko+ tanabata積み木を使って、同じ色を見つける「神経衰弱」の遊びをしました。

プラステンを並べて、五目並べをしたり、立方体を敷き詰めて、オセロの枠を作ることもできます。

ビー玉転がしの枠

枠があることで、子どもたちも建造物を作りやすいみたいです。

ビー玉転がしの枠として使ったり、収納箱の中でお城を作ったり、収納箱があるからこそできる積み木遊びを展開します。

パズルやパターン遊びとして

どうやったら積み木が綺麗に収納できるのか、考えながら積み木を片付けることも遊びの1つに。

まるで、パズルをしているみたいに入れたり出したり、真剣に遊んでいる時があります。

こんな風にパターン遊びをしても面白い!

長男作

パターン遊びには、積み木の収納箱より小さめの箱がおすすめ。

4cm基尺の積み木に合わせた枠

20cm×20cmのサイズで積み木が入ります。
収納箱に比べると、小さなトレイとして使えるサイズ。

パターン遊びにも活用できます。

トレイ 40ミリ基尺 トレイに立方体が16個入ります 40トレイはこちら

4.5cm基尺の積み木に合わせた枠

4.5cm基尺なら、童具館のわくわくトレイがおすすめ。

童具館 わくわくトレイ

ケルンブロックと合わせて、遊びがさらに広がっていきます。

収納箱を重ねればスッキリ

遊び終わったら、収納箱を重ねてしまえばすっきりコンパクトに積み木を片付けることができます。

スペースがあれば、貨車付きのもので子どもがコロコロ転がせる収納箱もあります。

貨車付きのトロッコ収納箱

※貨車が付いていても、収納箱を重ねて収納できます。

木製トロッコ 40mm基尺用 車輪つき収納箱 車輪は動きます 40-10

ぜひ、積み木にぴったりな収納箱を見つけてください♡

3歳&1歳の時短アラサーママ
まつこ
子供のことが第一優先! だけど、2人目の育休から復帰して、思うように築けないキャリアに悩み、もっと自分らしく一度きりの人生を楽しみたい!とブログを開設。 2人目育児のあれこれを記事にしていきます。
\ Follow me /
関連記事